Top >  南部アフリカの世界遺産 >  フレデフォート・ドーム【南アフリカ共和国】

スポンサードリンク

フレデフォート・ドーム【南アフリカ共和国】

2005年に、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された、フレデフォート・ドーム。
フレデフォート・ドームは、ヨハネスブルグから南西へ120キロメートル離れた場所に位置しています。
フレデフォート・ドームは、南アフリカ共和国にある、世界最大の隕石衝突跡のことをいいます。これは現存する隕石跡の中でも世界最古のものでもあります。
また他に、隕石の衝突跡としては、カナダの「サドベリー・クレーター」、メキシコの「チクシュルーブ・クレーター(恐竜絶滅の原因とも云われている衝突)」などがあり、これと並んで地球史に残る三大隕石衝突に数えられています。
その世界最大の隕石の衝突跡は、直径190キロメートルにもおよび、中央のドーム(直径約50キロメートル)とそれを取り囲む外輪山(リング)とで形成されていました。
フレデフォート・ドームが誕生したのは、約20億2300万年前に直径およそ10キロメートルの小惑星が、約20キロの速度でこの地に衝突した時だと推測されています。
その衝突によって、マントルが噴出し、大量の岩石が蒸発、そして急激に冷却したことを示す地質が確認されたのです。
衝突直後のドームの大きさは、実は直径300キロメートル程あったと推定されていますが、長年の侵食によって、現在は直径約50キロメートルになりました。
今では、この地も草原地帯となっており、固有種の蝶や、鳥、哺乳動物がたくさん生息しています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドライおよび周辺地域の人類化石遺跡群【南アフリカ共和国】  |  トップページ  |  次の記事 モザンビーク島【モザンビーク共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。