Top >  南部アフリカの世界遺産 >  スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドライおよび周辺地域の人類化石遺跡群【南アフリカ共和国】

スポンサードリンク

スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドライおよび周辺地域の人類化石遺跡群【南アフリカ共和国】

1999年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された、スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドライおよび周辺地域の人類化石遺跡群。
このスタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドライおよび周辺地域の人類化石遺跡群は、南アフリカの北部、ヨハネスブルクの北に位置しています。
これらの地域とその周辺地域も含めた一帯は、「人類のゆりかご」や「人類発祥の地」と称されています。
それは、スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドライが、それぞれの地においてアウストラロピテクスや、パラントロプス・ロブストスなど、たくさんの人類化石が発見されている場所だからです。
スタークフォンテンの洞窟では、小さい頭蓋骨が発見され「アウストラロピテクス・アフリカヌス」と名付けられました。
またスワートクランズでは、アウストラロピテクスの亜種、パラントロプス・ロブストスが発見されました。
鍾乳洞が有名なクロムドライでも、アウストラロピテクスの化石が発見されました。
現在では新たな追加もあり、タウング頭骨化石遺跡やマカパン渓谷なども周辺地域の中に入っています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 マラウイ湖国立公園【マラウイ共和国】  |  トップページ  |  次の記事 フレデフォート・ドーム【南アフリカ共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。