Top >  南部アフリカの世界遺産 >  マラウイ湖国立公園【マラウイ共和国】

スポンサードリンク

マラウイ湖国立公園【マラウイ共和国】

1984年にマラウイ湖国立公園は、マラウイ湖を対象とする国立公園として、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。
淡水湖として世界遺産に登録されたのは、マラウイ湖が初めてでした。
アフリカ大陸の中でも、3番目の大きさを誇る湖であるマラウイ湖。
マウライ湖の面積は四国の1.5倍、マラウイ共和国の国土の4分の1を占めるほどの大きさです。
マラウイ、タンザニア、モザンビークにまでまたがっているマラウイ湖。
しかし国立公園として指定されている地域は、マラウイ共和国領内の湖の南端にあたるごく一部の場所だけです。全面積のわずか0.3%程度を占めるに過ぎません。
最大深度は706メートル、500種以上の魚類が確認されています。
その500種以上の魚類はすべてこの湖の固有種であるというのが特徴です。
そのため、「湖のガラパゴス諸島」という異名を持っています。
このマラウイ湖のように、固有種が多い、そして多彩な進化を示すのは世界的にも類を見ないでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 キリマンジャロ国立公園【タンザニア連合共和国】  |  トップページ  |  次の記事 スタークフォンテン、スワートクランズ、クロムドライおよび周辺地域の人類化石遺跡群【南アフリカ共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。