Top >  南部アフリカの世界遺産 >  キリマンジャロ国立公園【タンザニア連合共和国】

スポンサードリンク

キリマンジャロ国立公園【タンザニア連合共和国】

1987年に、キリマンジャロ山域を含むキリマンジャロ国立公園が、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。
標高5,895メートルのアフリカ大陸最高峰「キリマンジャロ (Kilima-Njaro) 」山域の国立公園である『キリマンジャロ国立公園』。
このキリマンジャロ国立公園は、タンザニア北部に位置しています。
キリマンジャロは東南約50キロメートル、南北30キロメートルに広がり、南米のコトパクシ山に並ぶ標高を持つ世界最高峰級の死火山です。
キリマンジャロをスワヒリ語に訳すと、「キリマ(Kilima)」は「山」、「ンジャロ(njaro)」は「輝く」を意味します。
キリマンジャロは、西からシラ峰、キボ峰、マウエンジ峰の3つの峰から形成されています。
中央に位置する「キボ峰」が最高峰で、その頂上はウフル・ピークと呼ばれています。
ウフルとは独立を意味します。
そのウフル・ピークには、タンザニア初代大統領の言葉が刻まれたレリーフがあります。
キリマンジャロの中でも最も標高の高いキボ峰の頂上。この頂上は、赤道付近にもかかわらず巨大な氷河が形成されています。
この氷河から供給される水で出来た高山湿地帯があります。
標高別に、砂漠、高山湿地帯、高地草原、草原、熱帯雨林と広がっているのです。
コーヒー豆の銘柄「キリマンジャロ」は、この山の裾野で採取された豆として、とても知られています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 セルース猟獣保護区【タンザニア連合共和国】  |  トップページ  |  次の記事 マラウイ湖国立公園【マラウイ共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。