Top >  南部アフリカの世界遺産 >  セレンゲティ国立公園【タンザニア連合共和国】

スポンサードリンク

セレンゲティ国立公園【タンザニア連合共和国】

アフリカでも一番良く知られている国立公園の一つ、『セレンゲティ国立公園』。
セレンゲティ国立公園は、1981年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。
自然保護を目的として作られたセレンゲティ国立公園は、タンザニア連合共和国北部にあり、マラ州、アルーシャ州、シニャンガ州にまたがっています。
セレンゲティ国立公園を代表する動物と言うと、ヌーであることは間違いないないですね。
セレンゲティ国立公園内に生息している60種類以上、約300万頭の中の半数以上がヌーであると言われています。9月になるとケニアのマサイマラ国立保護区の草がなくなり、、南のセレンゲティ国立公園に向けてヌーの大移動が始まります。1000頭ほどで移動するヌーの群れが地平線を埋め尽くす光景は、壮観です。
キリマンジャロの裾野に広がり、ビクトリア湖の東側に位置するセレンゲティ国立公園。
その大サバンナ地帯には、ヌーやシマウマなどの草食動物、それを追うライオンやチーターなどの肉食動物が数多く生息しています。
さまざまな哺乳動物が、60種類以上約300万頭も暮らす野生王国となっているのです。
このサバンナ地帯の広さは14,000平方キロメートル以上にもなり、その広さは四国全体の面積よりも広く、さらには東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県を合わせた広さ13,404平方キロメートルよりもまだ大きいのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 グレート・ジンバブエ遺跡【ジンバブエ共和国】  |  トップページ  |  次の記事 セルース猟獣保護区【タンザニア連合共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。