Top >  南部アフリカの世界遺産 >  ヴィクトリアの滝【ザンビア共和国】

スポンサードリンク

ヴィクトリアの滝【ザンビア共和国】

1989年に、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された、ヴィクトリアの滝(Victoria Falls)。
このヴィクトリアの滝は、1855年に、イギリスの探検家デイヴィッド・リヴィングストンによって発見され、ヴィクトリア女王にちなんで名付けられた、と言われています。
ヴィクトリアの滝は、現地の言葉で「モシ・オア・トゥンヤ(雷鳴とどろく水煙)」と呼ばれています。
その名の通り、水量が多い雨季には1分間に5億リットルもの水が落下してくるそうです。
またその水により巨大な水煙が舞い上がるために、その姿を覆い隠してしまいます。
つまり、ヴィクトリアの滝全てを見たいと思っても、乾期にならないと見ることはできないという訳です。
川の流れが堆積岩を浸食することによって、滝の位置が徐々に上流へと移動していきました。
現在でも、滝の下流に20万年前の「最初の滝の跡」を見ることができます。
川の浸食は今も進んでおり、上流には数千年後には滝になるであろう割れ目がすでにできているのです。
アフリカ南部を流れる大河ザンベジ川の中流、ジンバブエ共和国とザンビアの国境にあるヴィクトリアの滝。
このビクトリアの滝は、最大幅が1700メートル、最も深い滝壷は落差が110メートルもあります。
北米のナイアガラの滝、南米のイグアスの滝と並んで、世界三大瀑布の1つにも数えられています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 バンディアガラの断崖【マリ共和国】  |  トップページ  |  次の記事 グレート・ジンバブエ遺跡【ジンバブエ共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。