Top >  西アフリカの世界遺産 >  アイル・テネレ自然保護区【ニジェール共和国】

スポンサードリンク

アイル・テネレ自然保護区【ニジェール共和国】

ニジェール共和国の自然保護区に指定されている『アイル・テネレ自然保護区』。
このアイル・テネレ自然保護区とは、アイル山地とテネレ砂漠が対象となっています。
1991年に、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。
アイル・テネレ自然保護区の総面積は77,000平方キロメートル。
アフリカにある自然保護区の中でも最大の規模を誇ります。
テネレ砂漠は、サハラ砂漠の南の一部区域にあるテネレ砂漠。
トゥアレグの言葉では、元々「テネレ」とは「砂漠」という意味を持っています。
以前は緑豊かな土地だったのですが、今ではすっかりと砂漠と化してしまいました。
降水量も少なく、荒涼とした景観となっています。
しかし山地を中心に植物は350種、鳥類は160種、爬虫類は18種、哺乳類は40種ほど確認されています。
その中には、パタスモンキー、ダマガゼル、ムフロンなど、この地域の固有種や絶滅危惧種なども含まれているため、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されましたが、翌年には「危機遺産」にも登録されました。
アイル山地は花崗岩質の山地です。
この辺りの年間平均降水量は75〜160ミリととても少ないのですが、山地のあちこちから湧き水が出ています。ですので、周辺の砂漠地帯よりも植物相、動物相とも豊かなのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 オシュン=オショグボの聖なる木立【ナイジェリア連邦共和国】  |  トップページ  |  次の記事 トンブクトゥ【マリ共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。