Top >  西アフリカの世界遺産 >  オシュン=オショグボの聖なる木立【ナイジェリア連邦共和国】

スポンサードリンク

オシュン=オショグボの聖なる木立【ナイジェリア連邦共和国】

ヨルバ人にとってはとても宗教的な意味を持つ原生林で
ある、ナイジェリア・オシュン州の州都オショグボにあるオシュン=オショグボの聖なる木立。
このオシュン=オショグボの聖なる木立は、オシュン川流域の豊かな動物や植物をはぐくむ木立と一体となってしまった社が、ヨルバ人の伝統や世界観を示す文化的景観を保持している、ということが評価され、2005年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。
このオシュン川の名前の由来は「豊穣の女神オシュン」に由来しています。
そして、ヨルバ人の神話によると、このオシュン川は女神オシュンが姿を変えたものだとされています。
そのため、オシュン川沿いには女神オシュンを祀るための社が建てられ、この地域一帯に住む人々は恵みを受け取れると信じていました。
しかし次第に女神オシュンへの信仰は衰えていき、徐々に他の地域では見られなくなりました。
ナイジェリアの史跡として保護区域にも指定されているオシュン=オショグボの聖なる木立。
ナイジェリアのオシュン州はオシュン川沿いの地域に位置しています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 バタマリバ人の土地クタマク【トーゴ共和国】  |  トップページ  |  次の記事 アイル・テネレ自然保護区【ニジェール共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。