Top >  西アフリカの世界遺産 >  バタマリバ人の土地クタマク【トーゴ共和国】

スポンサードリンク

バタマリバ人の土地クタマク【トーゴ共和国】

キリスト教やイスラム教とは一線を画し、独自の文化的景観を保ち続けていたことが評価され、バタマリバ人の土地クタマクは、2004年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。
トーゴ北東部に広がる地域クタマク。
タマスクは、バタマリバ人の居住地域です。
この居住地には独特の泥の住居群があり、それは「タキヤンタ(Takienta)」と呼ばれています。
これらの住居は、泥で出来た複数階建ての塔になっていて、これらが整然と並んで建てられていることにより、縞模様を形成しているのです。
また、建物の構造は、彼らの宗教観にも密な関係があるようで、ドアは口、窓は目を模倣していているのです。住居群は、氏族と関連付けられていることから、社会構造と密接に結びついていると推測されます。
バタマリバ人が、いつからこの地でタキヤンタを建て始めたのかは明らかになっていません。
しかしバタマリバ人達の伝えによると、元々はより北の地域でモシ人などと共存していたのが、数百年前にこの地に移り住むようになったという事です。
クタマクのタキヤンタは、社会構造や宗教観と密接に結びついたとても特徴的なものです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 セネガンビアの環状列石【セネガル共和国/ガンビア共和国】  |  トップページ  |  次の記事 オシュン=オショグボの聖なる木立【ナイジェリア連邦共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。