Top >  西アフリカの世界遺産 >  セネガンビアの環状列石【セネガル共和国/ガンビア共和国】

スポンサードリンク

セネガンビアの環状列石【セネガル共和国/ガンビア共和国】

『セネガンビアの環状列石』とは、セネガルからガンビアにかけて見られる環状列石群のことをいいます。
セネガンビアの環状列石群は、39000平方キロメートルにもおよびます。
そのうちの一部が、2006年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。
世界遺産に登録されている対象地域は4ヶ所になり、ガンビア共和国のガンビア川中流地方の「Kerbatch」と「Wassu」、更にセネガル共和国のカオラック州「Sine Ngaye`ne」と「Warnar」です。
立ち並ぶ巨石群は、お墓の上に墓石として立てられたもので、8世紀ごろから12世紀ごろまで続けられました。
1つの石の高さは1メートルから2.5メートル。
その巨石10個から24個を使用し、環状に立て並べているのです。
これらの巨石は、一般的に「ラテライト」といわれています。
セネガンビアの環状列石群には、1000以上もの環状列石群があります。
その中でも最大のものは1000以上もの石からなり、52もの環状がガンビア共和国の「Wassu」周辺に作られているのです。
これらの環状列石群は墓石と考えられていますが、その立てられた理由自体は今も解明されていません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園【中央アフリカ共和国】  |  トップページ  |  次の記事 バタマリバ人の土地クタマク【トーゴ共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。