Top >  中部、東アフリカの世界遺産 >  マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園【中央アフリカ共和国】

スポンサードリンク

マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園【中央アフリカ共和国】

1988年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された、中央アフリカ共和国にある『マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園』。
マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園は、アフリカ中央部の17,400平方キロメートルの広さを誇り、南方のボンゴ高原(Bongos)と北方のアウク川(Aouk)に挟まれた地帯に位置しています。
北部のアウク川流域は、雨季になると川の氾濫によって一面が水没します。
また乾季になっても干上がることがありません。
そのため、一帯には10,000〜15,000羽程度が生息するとされるハシビロコウをはじめ、コシベニペリカン、モモイロペリカンといったペリカン類など多くの水鳥が生息しているのです。
また、この国立公園内には、サバンナや氾濫原などの豊かな植生に育まれて、多くの大型哺乳類動物が生息しています。
サバンナに生息している動物には、ライオン、チーター、ゾウ、クロサイ、イボイノシシ、カバ、コリンガゼル、ダイカー、アフリカスイギュウ、アヌビスヒヒ、サバンナモンキーなど、50種以上の大型の哺乳類動物が生息しています。
また、猛禽類のサンショクウミワシやアフリカハゲコウなども生息していて、野鳥類は全部で320種にものぼるとされています。
国立公園の管理・維持のためヨーロッパ開発基金より援助を受けていますが、密猟の横行やスーダンからの難民の流入などによる環境の悪化をが問題になっています。その理由から、1997年には危機遺産に登録されてしまいました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ツィンギ・ド・ベマラハ厳正自然保護区【マダガスカル共和国】  |  トップページ  |  次の記事 セネガンビアの環状列石【セネガル共和国/ガンビア共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。