Top >  中部、東アフリカの世界遺産 >  ツィンギ・ド・ベマラハ厳正自然保護区【マダガスカル共和国】

スポンサードリンク

ツィンギ・ド・ベマラハ厳正自然保護区【マダガスカル共和国】

1990年に、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された「ツィンギ・ド・ベマラハ厳正自然保護区」。
ツィンギ・ド・ベマラハ厳正自然保護区は、自然保護や景観保護を目的として保護されている地域で、マダガスカル共和国の西部にある自然保護地域のことをいいます。ツィンギとは「動物の住めない土地」という意味を持ち、カミソリのような尖った無数の岩がに空に向かって突き立っています。
90種類を越える鳥類を始め、爬虫類や、キツネザルなどが暮らしている、ツィンギの奇石地帯の谷間に点在する豊かな原生林。
奇石地帯の谷間の地下には、鍾乳洞の水瓶があります。乾燥した大地で豊かな森を形作っていた木々は、根を地中深くまで伸ばし、そこから水分を得ているのです。
この特異な景観を持つ奇石地帯の「ツィンギ・ド・ベマラハ」は、石灰岩のカルスト台地が、数万年に渡って風や雨が浸食し造られたきたものです。
ツィンギ・ド・ベマラハでは、雨が降っても、全て尖った岩と岩との隙間に吸収されてしまいます。
ですので、乾燥に強い珍しい種類の植物がたくさん自生しているのです。
またその中には、水を蓄えることができるように進化した、ツィンギ・ド・ベマラハの近くに生えている「バオバブ」という木もあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ヴァレ・ド・メ自然保護区【セイシェル共和国】  |  トップページ  |  次の記事 マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園【中央アフリカ共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。