Top >  中部、東アフリカの世界遺産 >  アルダブラ環礁【セイシェル共和国】

スポンサードリンク

アルダブラ環礁【セイシェル共和国】

サンゴ礁が隆起して出来た「アルダブラ環礁」は、インド洋に浮かぶセーシェルの環礁です。
アルダブラ環礁は4つの島々(South Island、Malabar、Polymnieli、Picard)で形成されています。
1965年からセーシェルが独立する1976年まで、アルダブラ環礁は、デロッシュ島、ファーカー諸島などとともに、イギリス領インド洋地域に属していました。
1511年にヨーロッパ人として初めて「アルダブラ」に上陸をしたのが、ポルトガルの船乗りでした。
しかし、すでにアラブ人の多くには知られていて、名前の「アルダブラ」もアラブ人によって付けられたそうです。
アルダブラ環礁は、人の手がほとんど入ってなく、アルダブラゾウガメをはじめとする独特の動・植物が保たれている地域です。
特にゾウガメの生息地としては有名です。
世界最大級の規模を誇り、15万頭以上が生息しています。これらゾウガメのほかにも、アオウミガメやタイマイなども多数生息していますし、多くの鳥類等も観測されています。
現在の島々は、セーシェル島基金(the Seychelles Island Foundation)によって管理されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 トゥルカナ湖国立公園群【ケニア】  |  トップページ  |  次の記事 ヴァレ・ド・メ自然保護区【セイシェル共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。