Top >  中部、東アフリカの世界遺産 >  トゥルカナ湖国立公園群【ケニア】

スポンサードリンク

トゥルカナ湖国立公園群【ケニア】

1997年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された、トゥルカナ湖国立公園群。
このトゥルカナ湖国立公園群は、ケニア北部に位置するトゥルカナ湖とその周辺にある3つの国立公園の総称です。
この3つの国立公園とは、東岸に立地するシビロイ国立公園、湖の中央やや南の火山島のセントラル・アイランド国立公園、そして南端近くのやはり火山島のサウス・アイランド国立公園からなります。
トゥルカナ湖の湖水は翡翠色をしていて、草木の生えていない絶壁の間を南北に伸びている、とても印象的な景観を持ちます。
またライオン、ヒョウ、グレビーシマウマ、アミメキリン、カバ、グラントガゼル、シマハイエナ、ブチハイエナ、カラカル、レッサークーズー、ディクディク、ジェレヌク等の大型動物も見られます。
また、このトゥルカナ湖は、植物と動物との集団研究には理想的な場所となっています。
というのも、水鳥やナイルワニ、カバなどの生息地としても有名で、多様な鳥類と砂漠環境を持っているからです。
これらの国立公園は、ケニアにある他の国立公園と同じように、ケニア野生生物公社(Kenya Wildlife Service: KWS)が管理しています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 タッシリ・ナジェール山脈【アルジェリア】  |  トップページ  |  次の記事 アルダブラ環礁【セイシェル共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。