Top >  エジプト他、北アフリカの世界遺産 >  イスラム都市カイロ【エジプト】

スポンサードリンク

イスラム都市カイロ【エジプト】

エジプトの首都カイロは、ナイル川の交通の要衝地でもあり、イスラム世界における学術、文化、経済の中心都市でありつづけた中東屈指の大都市です。
カイロには、アイユーブ朝やマムルーク朝のスルタンやアミールなどといった、有力者達によって盛んに建築事業が行われた都市があります。
街の至るところに建てられたモスクをはじめ、多くの歴史的建造物が立ち並ぶことから、イスラム都市として発展しました。
ギザのピラミッドで有名なエジプトですが、このギザのピラミッドから東へすぐに広がっているエジプトの首都カイロ。
このカイロもユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されていて、多くの方に知られています。
カイロの中心となる市街は、ナイル川の東側に位置し、ナイルを挟んで対岸の西側にはピラミッドで有名なギザの町があります。
また南側には、古代エジプトの中心都市の一つだった、メンフィスの街があります。
カイロ市街には、至るところにミナレットと呼ばれる塔がそびえ立っていて、その数はざっと千にもおよぶと言われています。
このことから、中世の時代からカイロは『千の塔の都』と称えられてきました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群【エジプト】  |  トップページ  |  次の記事 聖カトリーナ修道院(聖エカテリニ修道院)【エジプト】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。