Top >  エジプト他、北アフリカの世界遺産 >  マラケシュ旧市街【モロッコ王国】

スポンサードリンク

マラケシュ旧市街【モロッコ王国】

1985年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された、マラケシュ旧市街。
マラケシュ旧市街は、ラバトより南西へ280キロメートル離れたモロッコの中央部に位置し、そのモロッコの中央部を東西に走るアトラス山脈の麓にあるオアシスにつくられた街です。
「南方産の真珠」と呼ばれてきた、丘陵地帯にあるテンシフト川の南岸に位置するマラケシュ。
マラケシュは北アフリカでも最大の規模を誇り、王宮のほかにも、バイア宮殿、エルバディ宮殿、サアド朝の墳墓群、ベルアベ陵、アグダル庭園なども含まれています。
中でも『ジャマ・エル・フナ広場』は、アラビア語で「死者たちの集会」という意味を持ち、世界無形遺産にも選ばれています。
マラケシュは、最初のイスラム王朝ムラービト朝の都として、先住民であるベルベル人によって築かれました。
この「マラケシュ」とは、ベルベル語で「神の国」を意味しています。
マラケシュ旧市街は、サハラ砂漠を越えてやってくるラクダの隊商(キャラバン)の重要な中継基地として栄えました。
キャラバン一行に持ち込まれた、金や象牙、奴隷、塩などによって、地中海世界やアラブ諸国とアフリカを結ぶ交易の中心の商業都市となったのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フェス旧市街【モロッコ王国】  |  トップページ  |  次の記事 タッシリ・ナジェール山脈【アルジェリア】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。