Top >  チュニジアの世界遺産 >  ドゥッガ遺跡【チュニジア共和国】

スポンサードリンク

ドゥッガ遺跡【チュニジア共和国】

アフリカにおいて、最大級の規模を誇るローマ時代の遺跡があるチュニジアの内陸部に位置するドゥッガ(またはトゥッガ)。
ドゥッガは、1997年に、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。
このドゥッガ(またはトゥッガ)とは、「牧場」を意味しています。
100年前までは、土の中に眠ったままのドゥッガの遺跡。その上には、土が覆いかぶさり民家が立ち並んでいました。
実はおよそ100年前まで、このローマ遺跡は土の中に埋まったままだったのです。
しかし、フランスの考古学者らによって発見され、民家は別の場所に移動されたました。
発掘が始まると、ローマ時代の都市の全貌が明らかになるようなものが数多く見つかりました。
その中には、市場や浴場、劇場などの遺跡があったのです。
その中でも特に貴重なものは、貴族の館の床から見つかったモザイクでした。
彩り鮮やかな天然石をふんだんに使用した、見事な絵画も見つかっています。
それは「ユリシーズ」や「ディオニソス」といった、ギリシャ神話をモチーフに描かれたもので、ローマ人の繊細さを伺うことができます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ケルアン【チュニジア共和国】  |  トップページ  |  次の記事 アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群【エジプト】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。