Top >  チュニジアの世界遺産 >  ケルアン【チュニジア共和国】

スポンサードリンク

ケルアン【チュニジア共和国】

チュニジアの都市である、ケルアン。
ケルアンは、7世紀にアラブ軍が築いたといわれる、北アフリカで最初のイスラム都市です。
しかし、もともとはフェニキア人(カルタゴ人)が住んでいました。
ケルアンは、メッカ、メディナ、エルサレムに次ぐイスラム第四の聖地(聖都)とされています。
このケルアンに都を気付いたのは、中東のダマスカスから遠征してきた将軍ウクバがビザンツ軍を破ったからといわれています。
イスラム教の開祖ムハンマド専属の理髪師がこの地に眠っていることから、将軍ウクバはケルアンを聖都と定めました。
伝説によると、そのイスラム教の開祖ムハンマド専属の理髪師は、ムハンマドのあごひげを肌身離さず持ち歩き、あごひげと共にこの地に葬られたのです。
その場所は世界各地から多くの参拝者が訪れることでも有名な「シディ・ウクバ(聖なる友人)霊廟」です。
ケルアンは、首都チュニスから南へ160キロメートル離れた所に位置しています。
またスーク(市場)がとても有名なところでもあります。壁に囲まれているメディナ(旧市街)の中にあり、ここで売られているものは、絨毯、壺、革製品などがあります。
この街はスーク以外にも見所があります。
それは、その列柱のほとんどは初期の建築物の遺跡から取ってきて創られているという、グランド・モスクです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 スース旧市街【チュニジア共和国】  |  トップページ  |  次の記事 ドゥッガ遺跡【チュニジア共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。