Top >  チュニジアの世界遺産 >  ケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡【チュニジア共和国】

スポンサードリンク

ケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡【チュニジア共和国】

ケルクアンの古代カルタゴの町とその周辺の墓地遺跡を、現存する唯一のフェニキア人(カルタゴ人)都市の遺跡と判断して、1985年にユネスコは世界遺産(文化遺産)として登録しました。
ケルクアンはカルタゴの都市で、チュニジアの北東にあるボン岬(Cape Bon)の近くに位置していました。
紀元前264年に始まった第一次ポエニ戦争によって、フェニキア人(カルタゴ人)の都市だったこのケルクアンは、放棄されたと考えられています。
ほぼ400年近くも存在していたケルクアンでしたが、戦争後は再建されませんでした。
戦争によって町は破壊されましたが、一部分だけにとどまったこともあり、古代カルタゴの遺跡としてケルクアンは最良のものとなっています。
発掘された遺跡からは家の壁が多く出てきました。
そのおかげで、建物の配置がはっきりと分かりました。それらの住居跡には、バスタブや流し、浴室、タイル貼りの床などが見つかっています。
綿密な都市計画に基づいて、個々の住居が建てられていたようです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ゴレ島【セネガル共和国】  |  トップページ  |  次の記事 スース旧市街【チュニジア共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。