Top >  チュニジアの世界遺産 >  円形闘技場エル・ジェム【チュニジア共和国】

スポンサードリンク

円形闘技場エル・ジェム【チュニジア共和国】

かつてローマ帝国の属州として繁栄をしていた『エル・ジェム』。
エル・ジェムは、アフリカで最も印象的なローマ遺跡が数多く眠るチュニジア南東部にあります。
その繁栄を示すかのように、ローマ帝国のコロッセオに匹敵するほどの巨大な円形闘技場が作られたのです。
この巨大な円形闘技場が『エル・ジェム』です。
このエル・ジェムは、1979年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。
エル・ジェムの特徴としては、設計当初から地下通路が予定されていたことでしょう。
その地下通路には、野生動物や、剣闘士たちの部屋があり、出番を待っていたそうです。
エル・ジェムの貴族たちは自分たちの富を誇示するために、ローマ帝国に対抗してエル・ジェムを建築したのです。
円形闘技場『エル・ジェム』が建設された3世紀初め頃は、町は栄えていました。
それはカルタゴに続く、ローマ帝国の北アフリカ第2の都市の座を競うほどのものだったのです。
円形闘技場『エル・ジェム』は、周囲400メートル、収容人員35,000人の規模を誇ります。
しかしローマの『コロセウムまたはコロッセオ』の収容人員は45,000人もの大きな劇場なので、エル・ジェムの方が小さいのです。
また、外層は後に三分の一ほどがオスマントルコに破壊されました。
しかし、三重の層をなすアーケードで囲まれた重厚な姿は当時のそのままです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 アクスム の考古遺跡【エチオピア】  |  トップページ  |  次の記事 ゴレ島【セネガル共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。