ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねてについて

「ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて」では、世界各地のユネスコ世界遺産の中から、特にアフリカにあるユネスコ世界遺産に注目して、特徴的な情報をお届けします。

スポンサードリンク

ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて 最新記事

ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねてイメージユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねての記事を各カテゴリごと最新順に5記事ずつトップページで紹介しています。

ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねての古い記事を参照になりたい方は各カテゴリタイトル、またはページ最下部のサイトマップからのリンクをご利用ください。

ドゥッガ遺跡【チュニジア共和国】:チュニジアの世界遺産

アフリカにおいて、最大級の規模を誇るローマ時代の遺跡があるチュニジアの内陸部に位置するドゥッガ(またはトゥッガ)。
ドゥッガは、1997年に、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。
このドゥッガ(またはトゥッガ)とは、「牧場」を意味しています。
100年前までは、土の中に眠ったままのドゥッガの遺跡。その上には、土が覆いかぶさり...

ドゥッガ遺跡【チュニジア共和国】について詳しく読む

チュニジアの世界遺産

カテゴリ内新着一覧

タッシリ・ナジェール山脈【アルジェリア】:エジプト他、北アフリカの世界遺産

アルジェリア南東部の世界最大のサハラ砂漠の真ん中に位置している、タッシリ・ナジェール山脈。
このタッシリ・ナジェール山脈は、1982年にユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録されました。
タッシリ・ナジェール山脈の頂上付近の標高は2000メートル以上もあり、幅は約500キロメートルに渡って広がっています。
タッシリ・ナジェールでは、絶滅危惧種...

タッシリ・ナジェール山脈【アルジェリア】について詳しく読む

エジプト他、北アフリカの世界遺産

カテゴリ内新着一覧

マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園【中央アフリカ共和国】:中部、東アフリカの世界遺産

1988年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された、中央アフリカ共和国にある『マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園』。
マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園は、アフリカ中央部の17,400平方キロメートルの広さを誇り、南方のボンゴ高原(Bongos)と北方のアウク川(Aouk)に挟まれた地帯に位置しています。
北部のアウク川流域は、雨季に...

マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園【中央アフリカ共和国】について詳しく読む

中部、東アフリカの世界遺産

カテゴリ内新着一覧

バンディアガラの断崖【マリ共和国】:西アフリカの世界遺産

1989年に、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された、ドゴン人の地とも言われていた「バンディアガラの断崖」。
バンディアガラの断崖は、ドゴン族の居住地域となっている断崖のことをいい、マリ共和国にあります。
この断崖の幅は150キロメートル、高さ(標高差)は500メートルにもおよびます。
キリスト教やイスラム教に影響されることなく、ドゴン...

バンディアガラの断崖【マリ共和国】について詳しく読む

西アフリカの世界遺産

カテゴリ内新着一覧

モザンビーク島【モザンビーク共和国】:南部アフリカの世界遺産

1991年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された「モザンビーク島」。
モザンビーク島とは、モザンビーク北部、モザンビーク海峡とモスリル湾との間に位置する島のことをいいます。
かつては、モザンビークの中心的な都市として栄えていた時代もありました。
バスコ・ダ・ガマがこの島に来るよりも前から、この地はアラブ人の港として利用されていま...

モザンビーク島【モザンビーク共和国】について詳しく読む

南部アフリカの世界遺産

カテゴリ内新着一覧

ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて 関連商品 DVD

ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて 関連商品 和書

ユネスコ世界遺産、アフリカを訪ねて 関連商品 洋書

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo